“おはぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御萩75.0%
牡丹餅25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あなたもずいぶんね、その御萩昨日から持たせて上げたんじゃありませんか」
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
菓子がになるって、御彼岸御萩などをえているところをで見ていても分るじゃありませんか、拵えるものは、ただ御萩を御重に詰めるだけで、もうげんなりした顔をしているくらいだから。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
養老の滝でも何でも、昔から孝行な人物の親は、大概酒を飲みますものです。貴女を(お酌さん。)なぞと云う奴は、親のために焼芋を調え、牡丹餅を買い……お茶番の孝女だ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御串戯をおっしゃっては不可ません。これからその焼芋だの、牡丹餅だの。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)