婦系図おんなけいず
鯛、比目魚素顔に口紅で美いから、その色に紛うけれども、可愛い音は、唇が鳴るのではない。お蔦は、皓歯に酸漿を含んでいる。…… 「早瀬の細君はちょうど(二十)と見えるが三だとサ、その年紀で酸漿を鳴らすんだもの、大概素性も知れたもんだ、」と四辺近 …
作品に特徴的な語句
わる すい やん やさし いま はすっ てまえ 便だより いっ ひき わき スウィート れい うみ いで 恐怖おずおず くわし 憂慮きづけえ ごう かぶり こまや きめ からか 歩行てく はらわ むず 良人うちの 狼狽とっち くわ 帽子ハット そむ 細君レコ 可恐おッそろし 交際つきええ つっ さぶら つん ぴん 私語さゞめごと 頬被ほほかぶり すく ずら すず チキン 仕舞しめ 大概てえげい とっく ひっそ くびくく せわし 狼狽まご のむ ことわり こども 白々しろしろ うん すき かかり とおる 夫人あなた おさん 女王クウィイン おおせ ひらた 不好まず のん ぎらい 洋傘ひがさ なか 父親ちち けえろ もみ かんば 待合まちええ 恢復なお いつ こッ いけ 下流しもながし 後退しりごみ 蒼白あおざめ ひっそ きわま