“枚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まい74.8%
ばい13.8%
めえ4.9%
ひら4.1%
ペエジ0.8%
0.8%
めい0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大正の一十五までに全國郵便局取扱つた年賀葉書總數は三千四百五十六七千八百九十九といふ統計されてる。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
張郃はかねて調べておいた間道を縫い、夜の二更から三更にかけて、馬はをふくみ、兵は軽装捷駆して、祁山の側面へ迂回しにかかった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
サア、たんまりお鳥目を投げたり、投げたり! チャリンといいのする小判の一や二、降ってきそうな天気だがなア
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そこに、白鳥抜羽白帆ありとせよ。蝸牛して、るものありとせよ、青螽るゝ発動汽艇ぐとせよ。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
公子 、ここに緑の活字が、白い雲のに出た。——箱根を越えて伊豆の海、三島の里の神垣や——さあ、忘れた所は教えてやろう。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と火鉢のへづかづかとけば、御餅を焼くには火が足らないよ、台処の火消壺から消し炭を持つて来てお前が勝手に焼てお喰べ、は今夜中にこれ一を上げねば成らぬ
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
買いてえと思っても堪忍してやれと云って半分にして置く、それが倹約のだ、それを天地に預けて置けば利が附着いて来る、其の時は五でも十でも一に着られるようになるから
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)