“六枚屏風”の読み方と例文
読み方割合
ろくまいびょうぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしそのに立てた六枚屏風からは、ねた西洋の新聞か雑誌のようなものの片端が見えたので、私はそっと首を延して差覗くと
相当にった作りのこの造作を見廻し、関東風の旅籠との調度の比較などを試みているうちに、部屋の一隅に張りめぐらした六枚屏風と酔眼を留めて、鋭く中を見込むようなこなしをやりました。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
父は出入りの下役淀井の老人を相手に奥の広間、引廻六枚屏風の陰でパチリパチリ碁を打つ。折々は手を叩いて、銚子のつけようが悪いと怒鳴る。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)