日和下駄ひよりげた一名 東京散策記いちめい とうきょうさんさくき
東京市中散歩の記事を集めて『日和下駄』と題す。そのいはれ本文のはじめに述べ置きたれば改めてここには言はず。『日和下駄』は大正三年夏のはじめころよりおよそ一歳あまり、月々雑誌『三田文学』に連載したりしを、この度米刃堂主人のもとめにより改竄して …
作品に特徴的な語句
こいねご はや はげ こむ 職業なりわい ひらめか 大通ブールヴァール かんば おり 白地しらじ 種々しゅじゅ しりえ たくわえ こぼ たずね よそ ゆらめ 打交うちまじわ わずらわ なまめか あゆみ よそ あじわい 向合むかいあわせ じゅう ただち 薄倖はくこう づら あきらか かん 花瓶かへい まま えば あやぶ すなわち いぬい とおり ちゅう 湧出わきいづ がっ おおき だに 一層ひとしお 一巻いっかん 退しりぞ かがやか あせ あげ かしま 蓮花はすのはな そっ 便べん 市民シトワイヤン はず すき おつ ゆるや きば 有無ゆうむ こうむ じき ゆう しん たつ にぎやか とば さなが 木造きづく 溝川みぞかわ せい さす ほとり 由緒ゆかり もと たのしみ こわ 田鼠むぐら そびやか 女房にょうぼ ことな おく ぬり むらが 種々さまざま しん 口惜くちお 吹通ふきかよ