“市民”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ブルジョア27.3%
しみん27.3%
グラジュダニン18.2%
シトワイヤン9.1%
シヴィリアン9.1%
パアジャア9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従来の市民文学との関係で、このことが観察された場合、そこには、互いに影響しあっている何か微妙ないきさつはないだろうか。
いてかゝる。ベンヺーリオー餘義なく敵手になる。途端兩家關係者双方よりり、入亂れてふ。市民警吏長等棍棒へてる。
市民ルイバコフの台所ではさぼてんが素焼の鉢の中で芽をふき、赤い前かけの女中ナーデンカはパン粉をこねている。
モスクワ印象記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
何故なれば、仏蘭西の市民は政変のために軽々しくヴェルサイユの如きルウブルの如き大なる国民的美術的建築物をちはしなかったからである。
市民だったときの職業はなにか」
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
だから、一般の市民の眼には、博士は、りっぱな「狂気の老乞食」に相違なかった。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)