“立続”のいろいろな読み方と例文
旧字:立續
読み方割合
たてつゞ30.8%
たてつ23.1%
たちつづ15.4%
たちつゞ15.4%
たてつづ15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青邨はいつだつたかの淡窓の答へを思ひ出して、うにも合点の往かないらしかつた。で、立続けに今一つの質問を投げ出した。
姉さんは姉さんゆえ、客に粗末の無いように、と先触れに駆込んだ処を、頭から喚き立てて、あの呼吸いて、口を利く間も措かず、立続けて饒舌るらしい。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一立斎広重の『東都名勝』の赤羽根の図を見ると柳の生茂った淋しい赤羽根川に沿うて大名屋敷の長屋が遠く立続いている。
社員充満ていづれも豪傑然たり、機会にあたれば気は引立ものなり、元亀天正なれば一国一城のとなる手柄からぬが、真黒立続けし人も豪傑然たり
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
んど立続けに口小言をいいながら、胡坐にかけた浅黄のきれをはずすと、火口箱せて、長煙管をぐつとえた。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)