“真黒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まっくろ75.6%
まつくろ14.1%
まくろ5.2%
まっくら3.0%
まツくろ0.7%
まつくら0.7%
マックロ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ黒いを一具、尻からげで坐った腰巻に引きつけて、竹箆真黒な液体らしいものを練取っているのですが、粘々として見える。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
堀割丁度真昼引汐真黒ない泥土を見せてゐる上に、四月のい日光に照付けられて、溝泥臭気に発散してる。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
伊太利亜名家のける絵のほとんど真黒になりたるを掛けあり。壁の貼紙は明色、ほとんど白色にして隠起せる模様金箔の装飾を施せり。
真黒な中に雨がしとしとと降っていた。平太郎は簑笠を着け、草鞋を穿いて大熊山の方へ向ったが、覆面させられたようで何も見えない。
魔王物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
親仁くと、婦人一寸つてさきをちよろちよろと真黒けたつて、かぬほどに小隠れた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
夜中真黒な中に坐禅といふことをして居たのか、坐りながら眠つて居たのか、眠りながら坐つて居たのか、今夜だけ偶然に此様いふ態であつたのか、始終斯様なのか、と怪み惑うた。
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)