“溝泥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どぶどろ96.3%
どぶとろ3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堀割は丁度真昼の引汐真黒な汚ない泥土の底を見せている上に、四月の暖い日光に照付けられて、溝泥の臭気をに発散している。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
もう、一面に算を乱して、溝泥擲附けたようなの中に、伸びたり、縮んだり、転がったり、何十人だか数が分りません。——
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「八、死骸の着物に溝泥がついてゐないか、濡れたところはないか、念入りに見てくれ」