“擲附”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たたきつ33.3%
ぶつか33.3%
ぶツつ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“擲附”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もう、一面に算を乱して、溝泥どぶどろ擲附たたきつけたようなのりの中に、伸びたり、縮んだり、転がったり、何十人だか数が分りません。——
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
突然いきなり、ばら/\と擲附ぶつかつたんですからね。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いゝえ御婦人ごふじんかぎつたことはありますまいとも。……げんわたくし迷惑めいわくをしたんですから……だれだつて見境みさかひはないんでせう。其奴そいつ砂利じやりつかんで滅茶々々めちや/\擲附ぶツつけるんです。」
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)