“雖然”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けれども70.6%
だども11.8%
さながら5.9%
しかりといえども5.9%
たとい5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雖然”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
雖然けれども學士はだヘッケル氏の所謂「熟せる實」とならざる故を以て其の薀蓄うんちくの斷片零碎をすら世に發表せぬ。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
雖然けれども悠長なして不斷の力は、ともすると人の壓伏に打勝ツて、其の幽韻はさゝやくやうに人の鼓膜に響く。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
雖然だどもなす、お八重さん、源助さんほんとれてつてえべすか?』とお定は心配相に訊く。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
雖然だどもなす、お八重さん、源助さんほんとに伴れてつてえべすか?』とお定は心配相に訊く。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
雖然さながら人間生活状態の縮圖である。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
其堂ニ造ラント欲シ其ししむらくらハント欲スル者ハまさニ洋籍ヲ不講ニ置ク可カラザルナリ是レ洋籍ノ結構所説ハ精詳微密ニシテ遠ク和漢ノ書ニ絶聳スレバナリ雖然しかりといえども是レ今時ニ在テ之ヲ称スルノミ永久百世ノ論トスルニ足ラザルナリ
雖然たといこう調ととのうるの用をなすことを要するも
緑衣人伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)