天鵞絨びろうど
理髮師の源助さんが四年振で來たといふ噂が、何か重大な事件でも起つた樣に、口から口に傳へられて、其午後のうちに村中に響き渡つた。 村といつても狹いもの。盛岡から青森へ、北上川に縺れて逶迤と北に走つた、坦々たる其一等道路(と村人が呼ぶ)の、五六 …
作品に特徴的な語句
をとな 何方どつら よつ おつか びつく うま 阿母あツぱあ うな おもで ちよい 可憐いぢらし たつ はだか でつ なぢ じま さな おと ちよつ 娘子めらしこ 其方そご おとな なあ もた ひき をかし おべ くど 交換かは 襯衣かくし あつた うら しと 晩餐めし かゝ つつま まぶし ちひさ 可憐いじらし うち 通過パツス つゝ 何時いづ かゝ 先方あつち 夫婦いつしよ 御座ごぜ こば 微笑ほほゑ はづ こつそ 交代かはりがはり ほんと ゆうべ ちぎ 歔欷すゝりな ゆつく 彼方あつち かゝ 僥倖しあはせ 奈何どんな あかり 冒頭はじめ ぢつ ふか 微笑ほゝゑみ 些少いささか たつた とこ 喧囂さはがしさ 不可いけない 午餐おひる しきり かは のめ づゝ 飄然ぶらり 始終しよつちゆう 情夫をとこ そよ はづ 擧動ものごし 非常えら やつ ぺえ ひとみ をか まも
題名が同じ作品
天鵞絨 (新字旧仮名)石川啄木 (著)