天鵞絨びろうど
理髮師の源助さんが四年振で來たといふ噂が、何か重大な事件でも起つた樣に、口から口に傳へられて、其午後のうちに村中に響き渡つた。 村といつても狹いもの。盛岡から青森へ、北上川に縺れて逶迤と北に走つた、坦 …
作品に特徴的な語句
納得なつとく 素足はだし 盂蘭盆うらぼん 飛白かすり 謀叛むほん 本意ほんい 黄昏時たそがれどき 三和土たゝき 貴郎あなた 窮屈きうくつ かつ 腕車くるま 紙鳶だこ 居睡ゐねむり 彼是あれこれ 五歳いつゝ 上框あがりがまち 二歳ふたつ 四邊あたり なあ 八重やへ あらた 吩咐いひつけ 其麽そんな 肥料こやし あくび 痲痺しび 酒宴さかもり 郷里くに 不取敢とりあへず しぶ 餘計よげえ 利鎌とがま 平蜘蛛ひらくも どう 氣色けはひ 笑窪えくぼ 非常えら 朝餐あさめし 甚麽どんな 唐棧たうざん まも 羽搏はばた 一歳ひとつ 恁麽こんな 此人このしと よろづ 午餐おひる 春秋はるあき 澤山たんと 老年とし 昨晩ゆうべ 頭腦あたま 近間ちかく 言語ことば 何程なんぼ 左樣さい 抱擁だきし しめ ちぎ 些少いささか 周圍あたり 落膽がつかり おとな 年齡とし 眞實ほんと 所爲せゐ ひらた 教師せんせ けは 歸途かへり 傳言ことづて 喧囂さはがしさ 通抜とほりぬけ 職業しごと 怠屈てえくつ 阿婆摺あばづ 冒頭はじめ つつま 衆人みんな 小作こづく 村端むらはづれ 所有もの 華客おきやく 火光あかり あぶら 斃死くたば 少許すこし 許可ゆるし 目眩めまぐ こば 徹夜よどほし 擧動ものごし 那麽あんな 雖然だども しか
題名が同じ作品
天鵞絨 (新字旧仮名)石川啄木 (著)