解剖室かいぼうしつ
これ、解剖學者に取ツては、一箇神聖なる物體である、今日解剖臺に据ゑられて、所謂學術研究の材となる屍體は、美しい少女の夫であツた。此樣なことといふものは、妙に疾く夫から夫へとパツとするものだ、其と聞いて …
作品に特徴的な語句
にれ 凋落てうらく 殲滅せんめつ 清冽せいれつ 襟首えりくび 笑靨ゑくぼ 疳癪かんしやく 醗酵はつかう 齷齪あくせく 立塞たちふさが みまは 解脱げだつ 因業いんごふ 突如だしぬけ かつを あくた 生際はえぎは 何彼なにか くぬぎ 知悉ちしつ 此處こゝ 無性むしやう かぎ 悶着もんちやく 馭者ぎよしや 瞋恚しんい 名聞みやうもん めす 飯焚めしたき 引籠ひきこも 飛退とびの 吶喊とつかん 川面かはづら 繃帶ほうたい さわ みまも 白堊はくあ はげ 柔毛にこげ 法被はツぴ けし きらめ とこ よし 幻影まぼろし 爲方しかた 土塊つちくれ 慫慂しようよう 箇所ところ にほひ 白墨チヨーク はえ もと 日光ひかげ 周圍ぐるり おだやか 刎上はねあ よろめ 對手あひて いら かし 價値ねうち 兩人ふたり 凄然せいぜん クラス 竦然ぞツ 斑犬ぶち もツぱ もし 有仰おツしや 首縊くびくゝり めぐ なまじ 東風こち 垂下ぶらさが いさかひ 打倒ぶツたふ 世渡よわたり 會得ゑとく あぶ 其樣そん 煖爐ストーブ 咳拂せきばらひ 終夜よすがら 行倒ゆきだふれ のめ 雖然けれども 眞個まつたく 雜沓ざつたふ 風早かざはや あツた 斑猫ぶちねこ