解剖室かいぼうしつ
これ、解剖學者に取ツては、一箇神聖なる物體である、今日解剖臺に据ゑられて、所謂學術研究の材となる屍體は、美しい少女の夫であツた。此樣なことといふものは、妙に疾く夫から夫へとパツとするものだ、其と聞いて、此の解剖を見る級の生徒の全は、何んとい …
作品に特徴的な語句
つら あふ ちよツ ゴールド どれ 始終しよツちゆう いまだ 彼方あツち 逡巡うぢうぢ 外套オバーコート いさゝか つかん むだ ひやゝか すべて わけ いさゝ しづか びツこ あツた てん はね 莞爾にツこり やすらか まはり 打突ぶツつか ぶくれ 何樣いか ナイフ 打突ぶツか をのゝ よし 此方こツち やまひ 打突ぶツ 加之おまけに 打倒ぶツたふ 追立おツた あが 後退あとずさり せゐ まつは けがれ やはらか 威張ゐばり メス 矢張やツぱり いぢく 各自てんでん ドアー くわツ こご いづ よし すべ こは 出會でくは いさかひ 眞個まツたく こゝ コンパス 天窓あかりまど 悚然ぞツ にほひ もツぱ たち 寂然ひつそり あきらか 屍體しびと いぢ ねぢ 蹂躙じふりん しま 始終しよつちゆう 加之それに 眼前まのあたり 周圍ぐるり つゝ いら かた 蕩々とけどけ うか まこと やたら 法被はツぴ ゐざり つま 首縊くびくゝり にぎやか あまり うゑ