“さながら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
宛然91.6%
宛如4.2%
1.1%
如実1.1%
宛態1.1%
雖然1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宛然、ヒマラヤ山あたりの深い深い萬仭の谷の底で、と共に年をつた猿共が、千年に一度る芝居でも行つて見て居る樣な心地。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
師弟の間柄が宛如商売取引のように成ったのを、悉く不満に存じ居る折柄、是非先生の御看病を……
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
釣枝、立木、岩組、波布、浪板の如きしく不自然なる大道具浮世絵における奥村政信鈴木春信らの美人画の背景にひとし。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
俳優は皆奇異なると衣裳とのために身体の自由を失ひたるものの如く、台詞の音声は晦渋にして変化に乏しきこと僧侶読経を聞くのありき。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
是等一味の友にわが見得せる所を如実に分かち伝へんが為めに語らんとはするなり。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)
元氣の好い者は、ノートを高く振𢌞して、宛態に演習に部下でも指揮するやうな勢だ、てもなく解剖室へ吶喊である。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
彼が毎朝大通で見るものは大概此樣な物に過ぎぬ。雖然人間生活状態の縮圖である。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)