“晦渋”のいろいろな読み方と例文
旧字:晦澁
読み方割合
かいじゅう91.7%
かいじゆう4.2%
くわいじふ4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手段のために主要な意志の表示が不自由になり、迂遠になり、あるいは晦渋になるようでは、決して最上の手段といわれないのです。
然れども又らに晦渋と奇怪とを以て象徴派を攻むる者に同ぜず。幽婉奇聳の新声、今人胸奥の絃に触るるにあらずや。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
晦渋曖昧な陰鬱さの正反対で、男性的に朗々としてゐるし、形骸的な固さでない、みづみづとした印象に富んでゐる。
秋艸道人の書について (新字旧仮名) / 吉野秀雄(著)