“迂遠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うえん82.1%
うゑん8.9%
うと3.6%
まわりどお3.6%
まだる1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手段のために主要な意志の表示が不自由になり、迂遠になり、あるいは晦渋になるようでは、決して最上の手段といわれないのです。
さういふなく置いていつか分る時もあらうと茫然迂遠な区域にて、別段もいたしませんかつた。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
迂遠いな。御家中で知らぬものはない位な話だぞ。——あの相木熊楠という男は、以前、東郷五郎左衛門に就いて北条流の軍学を学んでいたことがある』
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
し当今の御婦人さま方にはそんな迂遠いことをす方は決してございますまい、ナニ惚れたとか腫れたとか思いますと直々に当って御覧なさる。
箆棒迂遠つけえだな、けえのにつたくつちやあな」から惡口いた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)