黄金機会おうごんきかい
私は二十になつた今日までの生涯にこれぞといつて人さまにお話し申す大事件もなく、父母の膝下に穏やかな年月を送つて参り升たが、併し子供心に刻みつけられて一生忘れられまいと思ふことが二ツ三ツ有り升。其中十一才の誕生日に有つた事抦をお話し致しませう …
作品に特徴的な語句
すきな でき まさつ きて ひい くださ よつ よい ただし ゆか おもつ ちひ ヒデ のせ おしへ おつしや まうけ 祖父ぢぢ あく 食物たべもつ いい やう きめ ヨシ いひ たい たた かたはら きま かまは あげ ひか かい 微笑えみ 此辺このほとり すな じき ひい たべ あやまち すむ いら まし こは ひつ ゑみ まうし きき くるしみ ゆき 言伝ことつて さが たほ まづ かつ いづ ひら ひとつ いだ ぬすみ やう とま ばかり 午飯ごはん 真直まつす しれ こらし いはひ むづ しい つい しば よぢ かき はづ おもひ よろづ たく 川端かはぎし せい 中店なかみせ あそば すり やさ すき よろこび こり うれひ きい 口惜くちおし かへ 惘然ぼんやり さかさ とど 其前そのめい