“あだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アダ
語句割合
58.2%
婀娜16.0%
5.9%
4.6%
2.9%
2.8%
1.7%
1.3%
阿娜1.1%
0.9%
0.7%
0.4%
0.4%
讐敵0.4%
0.2%
0.2%
仇敵0.2%
0.2%
吾田0.2%
安田0.2%
0.2%
0.2%
徒事0.2%
恋仇0.2%
0.2%
艶妓0.2%
0.2%
0.2%
讎敵0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なかりし昔の報いとならば、此身を千千まるゝとも露壓はぬに、の御言葉は、心狹き妾に、恥ぢて死ねとの御事か。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
其の頃婀娜は深川、勇みは神田と端歌の文句にも唄いまして、婀娜は深川と云うのは、其の頃深川は繁昌で芸妓が沢山居りました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
さても出来したり黄金丸、また鷲郎も天晴れなるぞ。その父のしといはば、事の意恨にして、深くむるに足らざれど。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
二条から半時ごとに花時をにするなと仕立てる汽車が、今着いたばかりの好男子好女子をことごとく嵐山の花に向って吐き送る。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかはあれ泣菫子が為めには、こもまたなる花の開落にあらずして、人生迷悟の境なりき。花ごよみと品さだめとの軽びたるこころさならで、天啓に親しむ機縁なりき。
『二十五絃』を読む (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
またその天の尾羽張の神は、天の安の河の水をきあげて、道を塞き居れば、し神はえ行かじ。かれに天の迦久の神を遣はして問ふべし
かしこにを起す狼どものとしてわが眠りゐし處——より我をすその殘忍に勝つこともあらば —六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
賈雍將軍蒼梧豫章太守としてで、夷賊するをじてたず。蠻軍のためにされはる。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
齒ぎれの良い調子、莞爾すると、漆黒の齒がチラリと覗いて、啖呵のきれさうな唇が、滅法阿娜めいて見えます。
庭上にね下りようとした平馬をっぽく押し止めて、縁側に、スラリとした姿を現した一人の女性——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
押領せんと智慧の深き事べからずと雖も英智の贋物にして悉皆邪智奸智と云ふべし大石内藏助は其身放蕩と見せて君のを討ちしは忠士の智嚢を振ひ功名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ハークマのブッシュかブッシュのハークマかとわれていたくらい、つまりこの怪談の場所は此処になるのだが、その倫敦から帰ってきた時は、かもその妻は死にしていた時で
不吉の音と学士会院の鐘 (新字新仮名) / 岩村透(著)
世ノ中ハ恩ヲデ返スガ世間人ノ習イダガ、オマエハコレカラ怨ヲ恩デ返シテミロト云ッタカラ、ソノ通リニシタラ追々内モ治マッテ、ヤカマシイババア殿モ、段々オレヲヨクシテクレタシ
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
お隣のおばさんにも下し賜わらず長火鉢の前の噛楊子ちょっと聞けば悪くないらしけれど気がついて見れば見られぬ紅脂白粉の花の裏路今までさのみでもなく思いし冬吉の眉毛のいがいよいよ別れの催促客となるとも色となるなとは今のめわが讐敵にもさせまじきは
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
立廻る駕籠舁惡漢共門邊を通りかゝりしが兩人の樣子を見て此所へ這入來りしかば八五郎はが來りしとは思へども
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
する時は後日に如何なる
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
(おらもつでもいがべが)
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
それをふと仇敵といふ一人くて、あの輕忽とこましやくれて世間のあらを吹聽していたといふ小間づかひのも、口返答ばかりしてたゝずであつた御飯たきの
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
江夏の黄祖は、むかしわがの孫堅を滅ぼした家の敵ですから、きっとを報じなければなりませぬ……
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
第十代の天皇崇神の時代には、盗賊がおこり、反乱が生じた。武埴安彦と妻の吾田が反逆した。そこで四道将軍をおいた。そうして、教化にしたがわない人民を征服させた。
私が一番最初それを感じたのは、NHKの矢成君たちが国頭の安田安波の会話を録音してきたのを聞いたときである。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
セント・ジョンは、この言葉をかも説教をするやうな調子で云つた——落着いた、力強い聲で、顏色を動かさず、眼に閃くやうな輝きを見せて。彼は續けた——
「ふん、一向さっぱりり前ぁだんぢゃ。」と云ひますか。云ひはしません。参ったのです。
葡萄水 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
彼らに知らせようとするを積んではすような取り止めもない謀略が幼い胸中に幾度か徒事らされたのであったがとうとう何の手段をも自分からすることなくある日崖下の子の一人が私を
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
けれども私の本心は、こいつにそんなにまで柳沢と見変えられたかと思えば、未練というよりもが憎くなって、どうしてこの恋仇をしてやろうかと胸は無念のに燃えていた。するとお宮は
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
御熊野横町の名は昔から呼び習わしていたのであるが、近年は更に羅生門横町という名が出来た。よし原に羅生門河岸の名はあるが、青山にも羅生門が出来たのである。
半七捕物帳:54 唐人飴 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
破れ障子の蔭から、そう、艶妓っぽい声をかけて、赤茶けた灯影が照す縁側に、すらりとした立姿を現した女があった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
彼等は皆過去の十一箇月をに送りて、一秒のの積める弐千余円の大金を何処にか振落し、後悔のに立ちて今更に血眼き、草を分け、瓦をしても、その行方を尋ねんと為るにあらざるなし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
もねえ、けたはつしやるな。成程いたはいけんど、蹴込んだとは、たるだの。」
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
昨夜も昨夜とて小児の如くに人を愚弄して、に負けてり討に逢わした昇に、不倶戴天讎敵、生ながらその肉をわなければこの熱腸が冷されぬと怨みに思ッている昇に
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)