“讎敵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あだ50.0%
しゅうてき50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“讎敵”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
不倶戴天ふぐたいてん讎敵あだ、生ながらその肉をくらわなければこの熱腸が冷されぬと怨みに思ッている昇に、今更手をいて一ちゃくする事は
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
最後の彼女の手紙を見た私の心に燃え立ったものは獣のごとき憎悪と讎敵しゅうてきのごとき怨恨とであった。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)