“啖呵”の読み方と例文
読み方割合
たんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いうや、大手をひろげてその行く手をさえぎろうとしましたので、突きのけておくと右門は小気味のいい啖呵大音声できりました。
たいがいはえ上がッてしまう。だが、客に化けて乗りこんでいた弟の浪裏白跳張順が「ふざけるな」と啖呵をきッて抵抗しかける。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ちょいとちょいと、サーベルをぶらさげてるからってえらそうな口をきくんじゃないよ、あさ子は片膝立ちになって啖呵を切った。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)