“倫敦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ロンドン96.4%
ろんどん2.1%
まち0.7%
ウエスト・エンド0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
倫敦で二ヶ月ばかり下宿住いをしたことがあるけれど、二ヶ月のあいだじゅう朝御飯が同じ献立だったのにはびっくりしてしまった。
朝御飯 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
先日倫敦友人から『世界名畫』として、隨分巧妙てあるのを二十ばかりつてれたがね、それは如何だらうかとふのだ。』
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
復活祭の議會のお休みが濟みますと、先頃ミルコオトの議員にお選ばれになつたジョオジ・リン卿は倫敦へいらして、議席にお着きにならなくてはなりますまい。
第一回、酒場「巴里」の場で、安南王宗竜皇帝が倫敦仕立てのタキシードの襟に婀娜に臙脂色のカアネーションを揷していられたことを。これがその夜の花だったのである。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)