山の手の子やまのてのこ
お屋敷の子と生まれた悲哀を、しみじみと知り初めたのはいつからであったろう。 一日一日と限りなき喜悦に満ちた世界に近づいて行くのだと、未来を待った少年の若々しい心も、時の進行につれていつかしら、何気なく …
作品に特徴的な語句
見馴みな 気儘きまま 錦絵にしきえ 御褒美ごほうび 木蔭こかげ 凋落ちょうらく 疳癪かんしゃく 花簪はなかんざし 苔蒸こけむ 隅々すみずみ 蛞蝓なめくじ 熊野くまの 瓦斯燈ガスとう 蒼黒あおぐろ 虎杖すかんぽ 鉢巻はちまき 潜戸くぐりど 木下闇このしたやみ 神輿みこし 妖怪変化ようかいへんげ 飯事ままごと 滅茶滅茶めちゃめちゃ 牢獄ひとや 金屏風きんびょうぶ 気忙きぜわ 喜悦よろこび すもも 小汚こぎた 緋毛氈ひもうせん 鉄格子てつごうし 亀裂きれつ 姉弟きょうだい 箒目ほうきめ 水底みなそこ 父母ちちはは 祝儀しゅうぎ 若干いくらか 四囲あたり 陰欝いんうつ 薄明うすらあかり 棧敷さじき 白紙しらかみ 秘密ないしょ 唐物屋からものや 歌舞伎座かぶきざ 瞭然はっきり 同一おんなじ 充満いっぱい 恐々こわごわ 芳年よしとし 悲哀かなしみ 隅田すみだ 小戻こもど 美人局つつもたせ 花客おとくい 陶器せともの 縁端えんばな 孤独ひとり 充分いっぱい 金糸雀かなりや わずら 尻切しりき 花鳥はなとり 黒襟くろえり 欝蒼うっそう 洋刀サアベル 室々へやへや 赤坊あかんぼ 戯弄からか 門柱もんばしら 珍物めずらしもの 構造かまえ 鉄鋲てつびょう 休日やすみ 明確はっきり 白斑ぶち 返報しかえし 進行すすみ 腕白盛いたずらざか 鼻垂はなた 手綱染たづなぞ 新様しんさま 崖端がけはた 終了おしまい 配合うつり 手遊品てあそび 膝子ひざっこ