山の手の子やまのてのこ
お屋敷の子と生まれた悲哀を、しみじみと知り初めたのはいつからであったろう。 一日一日と限りなき喜悦に満ちた世界に近づいて行くのだと、未来を待った少年の若々しい心も、時の進行につれていつかしら、何気なく過ぎて来た帰らぬ昨日に、身も魂も投げ出し …
作品に特徴的な語句
わずら 悪戯わるふざ ひけ 扮装おつくり かわ おび 白斑ぶち おやじ ほと 悲哀かなしさ 薄明うすらあかり 充分いっぱい 若干いくらか 徒事あだ いとけな 今日こんち きた 静寂しずか っか はず 陶器せともの 進行すすみ 乳母ばあや いや ともしび うら 滑稽おどけ せい 構造かまえ かご あぶ くれない 終了おしまい かか いだ 憧憬あこが 慰藉なぐさめ こら 虎杖すかんぽ 年増としかさ 平生ふだん 家内やうち 蓮葉はすっぱ 珍物めずらしもの 牢獄ひとや とっ 燈火ともしび みな 真実ほんと 真直まっす こぼ あたた 瞭然はっきり 洋刀サアベル 私語ささやき 秘密ないしょ 端折はしお 服装みなり 明日あした 新様しんさま かな いまし 接吻くちづけ まく はぎ 花客おとくい とびら なつ 憧憬あこがれ あこ 蘇生よみがえ めぐ 幸福しあわせ 崖端がけはた ちまた 寂然ひっそり 一日ひとひ 名残なご 同一おんなじ おごそ ぎわ かす かじ 返報しかえし かた きびす いや 今日きょう 黄昏たそが 孤独ひとり 室々へやへや かわ 亀裂きれつ 竹垣たけがき きそ