かくれんぼ
秀吉金冠を戴きたりといえども五右衛門四天を着けたりといえども猿か友市生れた時は同じ乳呑児なり太閤たると大盗たると聾が聞かば音は異るまじきも変るは塵の世の虫けらどもが栄枯窮達一度が末代とは阿房陀羅経もまたこれを説けりお噺は山村俊雄と申すふとこ …
作品に特徴的な語句
なか つま さぶら つが もた おり こうぶ ちゃ みつ はた たまし 収入とりくち たわ あく ひき ぼう つかま かわ めい なが いだ ほっ むしく 親密ちかづき 逡巡しりご 這般このはん 応答うけこた ねぶ はた むな 死者しびと 放棄うっちゃ ばなし おく ひか 山水やまみず とう 疇昔きのう 眼前めさき 先刻せんこく すさ 神妙しんびょう けぶり おん 前日ぜん きび 経験ためし 記憶おぼえ 大盗たいとう 讐敵あだ 媒妁なかだち さぶ 発音はついん あが 白魚しらお 瓦斯がす 着更きが 着服きつけ 狼狽うろた 竪縞たてしま こぼ 湯漬ゆづ 端緒いとぐち 温和おとなし 気振けぶ 歳暮くれ だま むな 落魄おちぶ 曙染あけぼのぞ 明日あした かど のち おとと たた いもと 出入ではい つかさ 馴染なじ 天下てんが まさ 隠顕ちらつ そろ 厭気いやき 逆上のぼせ 命令いいつけ 音信おとずれ まじな しゃく 出際でぎわ くる 出所しゅっしょ ばば 糺弾きゅうだん ひな
題名が同じ作品
かくれんぼ (新字旧仮名)村山籌子 (著)