“褒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
97.3%
ほめ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大学を辞して朝日新聞に這入ったらう人が皆驚いた顔をして居る。中には何故だと聞くものがある。大決断だとめるものがある。
入社の辞 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「郷に入ったら郷に従えってね、こんなところで気取ったって誰もめやしないわ、すましてると、あたしたちで裸にしちまうわよ」
竹柏記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
人をれば自分の器量が下るとでも思うのか、人のた事には必ず非難を附けたがる、非難を附けてその非難を附けたのに必ず感服させたがる。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ですから、骨肉の旦那様よりか、他人の奥様に憎悪が多く掛る。町々の女の目はるにつけ、るにつけ、奥様の身一つに向いていましたのです。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)