竹柏記ちくはくき
城からさがった孝之助が、父の病間へ挨拶にいって、着替えをしに居間へはいると、家扶の伊部文吾が来て、北畠から使いがあったと低い声で云った。 「もし御都合がよろしかったら、夜分にでもおいで下さるようにとのことでございました」 訝しそうな眼を向け …
作品に特徴的な語句
ともし つた かか たい 脈搏みゃくう かたく かす まぶ まばた 穿うが 竹柏ちくはく あつ くち きびす たず きま ひる 当篏あてはま ひさし たもと 煽動せんどう 片肱かたひじ みだ いのしし おい 町家まちや 番衆ばんしゅう 病臥びょうが 痩形やせがた 百代ももよ しわ さかずき みつ 磊落らいらく 種子たね すく はし こも いき かゆ 綸子りんず すが 縹緻きりょう 羽折はおり ふけ 肋骨ろっこつ はら 肩肱かたひじ さかな ひざ ぜん 臆病おくびょう 良人おっと 艱難かんなん つや すすき 芙蓉ふよう 苛立いらだ 落魄らくはく からだ 黒子ほくろ あゆ 魚籠びく 高安たかやす 驕慢きょうまん だま 駕舁かごか 馬子まご 食禄しょくろく 颯爽さっそう あご うなず むち 間着あいぎ つば 銚子ちょうし 酒肴しゅこう さえぎ はる 逼迫ひっぱく 逆鱗げきりん 迂曲うきょく つじ 輿入こしい きし かわ ふすま たすき のぞ