“臆病”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おくびょう75.6%
おくびやう19.9%
おくびゃう1.7%
をくびやう1.1%
おくびよう1.1%
チミッド0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう云う代助は無論臆病である。又臆病でずかしいという気はから起らない。ある場合には臆病をて自任したくなる位である。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
進撃的で、意志さうなところがあり乍ら、どつか臆病なところがあるではないかといつたやうな言葉を聞かされた事があります。
三作家に就ての感想 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
「ははあ、何かこはいことがあると、ひとりでからだがふるへるからね。お前さんも、ことによったら、臆病のためかも知れないよ。」
気のいい火山弾 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
其頃歐羅巴新聞へて、弦月丸遭難詳報し、かの臆病なる船長等振舞をば攻撃するとに『日本人。』なんかと標題いて
性質めて臆病で、人間にも有用動物です。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
「つまり僕は心のどん底が臆病なんですよ」
半日 (旧字旧仮名) / 有島武郎(著)