“詳報”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうほう75.0%
しやうほう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とりわけ斎藤実高橋是清といったような、ながく国民に敬愛されていた人たちの遭難詳報は、田川大作のような右翼的傾向の強い塾生たちにも
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ロンドンにむけ帰航中である。船客と乗組員はすこぶる元気である。ただし今回の遭難事件によって死傷したる者もあるようであるが、まだ詳報は発表されない
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
其頃歐羅巴新聞へて、弦月丸遭難詳報し、かの臆病なる船長等振舞をば攻撃するとに『日本人。』なんかと標題いて