次郎物語じろうものがたり05 第五部05 だいごぶ
ちゅんと雀が鳴いた。一声鳴いたきりあとはまたしんかんとなる。 これは毎朝のことである。 本田次郎は、この一週間ばかり、寒さにくちばしをしめつけられたような、そのひそやかな、いじらしい雀の一声がきこえて …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 緻密ちみつ 納得なっとく 石垣いしがき 詰問きつもん 覚悟かくご 脚下きゃっか 鵜呑うの 音沙汰おとさた 波瀾はらん 整頓せいとん 皆目かいもく 内輪うちわ 武蔵野むさしの 近衛このえ 余裕よゆう 素朴そぼく 佩剣はいけん 見渡みわた 凡庸ぼんよう 遮断しゃだん 些事さじ 宛名あてな 並木なみき 当惑とうわく 敷居しきい 音頭おんど 仁王におう 厭気いやけ 窮屈きゅうくつ 片唾かたず 催促さいそく 風貌ふうぼう 所望しょもう 磨硝子すりガラス 自嘲じちょう 堕落だらく 平凡へいぼん 幾重いくえ はま もん 行脚あんぎゃ 余韻よいん 切尖きっさき 放逐ほうちく 疾駆しっく 真剣しんけん 矛盾むじゅん 粗末そまつ 銷沈しょうちん 不肖ふしょう へい 束縛そくばく 真顔まがお 遵奉じゅんぽう らん 声高こわだか 見込みこ 鰹節かつおぶし 不愉快ふゆかい 河馬かば 禁物きんもつ つぶ 侮辱ぶじょく だん 長靴ちょうか 頬張ほおば 床板ゆかいた 幾本いくほん くぬぎ 肝胆かんたん 電燈でんとう 人柄ひとがら 名誉めいよ 真青まっさお 地金じがね もり 皮膚ひふ 肢体したい 蹶起けっき 狂気きょうき 何等なんら 厳粛げんしゅく 屑籠くずかご 家柄いえがら 弘前ひろさき 恐縮きょうしゅく 献立こんだて 留守居るすい 肯定こうてい 鋒先ほこさき 玄関げんかん 毛頭もうとう 亡者もうじゃ 指揮しき 示唆しさ 輪郭りんかく しぶ 迷惑めいわく 依然いぜん
題名が同じ作品
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名)下村湖人 (著)