次郎物語じろうものがたり01 第一部01 だいいちぶ
「癪にさわるったら、ありゃしない。」と、乳母のお浜が、台所の上り框に腰をかけながら言う。 「全くさ。いくら気がきついたって、奥さんもあんまりだよ。まるで人情というものをふみつけにしているんだもの。」と、竈の前で、あばた面をほてらしながら、お …
作品に特徴的な語句
しょう 肉汁すうぷ きょう よそ 乳母ばあ おお まば 周囲しゅうい おく 上手かみて 上被うわぎ さす うたぐ そびや しゃが 俯伏うつぶせ 飯櫃おひつ そう えら はず 咄々とうとつ 出過でっくわ 裂傷れっしょう きび 半巾ハンカチ せい おんな おそ しょ しゃが きら やわ しつ がまち 家内うち 容態ようたい しわが あやま さぐ 就寝やす だま 歳暮くれ ひら 口吻こうふん はじ なま なか じょう 薬袋くすりぶくろ 目籠めご すがた いちじる 袈裟げさ 袖口そでくち わざわ 食指しょくし むつま 飛沫ひまつ うるお 凝視ぎょうし 性来せいらい みぞ 窮屈きうくつ そそ 田圃たんぼ 蘆間あしま きも よみがえ そむ 藪蛇やぶへび 草履ぞうり 茶碗ちゃわん 藪睨やぶにら 背戸せど いばら 脳髄のうずい 薬罐やかん 薬壜くすりびん まき へそ こも 芳醇ほうじゅん ひし あし しゅうと
題名が同じ作品
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名)下村湖人 (著)