“塩”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
しお63.0%
しょ18.5%
しほ14.8%
しょっ1.9%
じほ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これを胡椒し、家鴨の肉の截片を入れてちょっと煮込んで食べるのだが、鼈四郎は味見をしてみるのに血生臭いことはなかった。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
冷くドロドロした、っぱい寒天みたいなものだったが、実にうまかった。私はあとにも先にも、あんなうまい物をたべたことがない。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
此玉栗をるに雪にを入るればなること石の如し、ゆゑに小児に塩を入るをずるなり。こゝを以てみる時は、は物をむる物なり。
「こまかく刻んでくだすったわ、ぱくていい気持、おじさま、して。」
蜜のあわれ (新字新仮名) / 室生犀星(著)
店は二間口の二階作り、軒には御神燈さげて景気よく、空壜か何か知らず、銘酒あまた棚の上にならべて帳場めきたる処もみゆ、勝手元には七輪をぐ音折々に騒がしく
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)