“しょ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ショ
語句割合
背負46.3%
10.8%
6.4%
6.1%
4.9%
4.2%
4.2%
脊負2.7%
師匠2.5%
2.5%
2.0%
1.2%
1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
0.2%
ヶ処0.2%
仕様0.2%
0.2%
0.2%
悄乎0.2%
悄気0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしそれにしても刃物は剣呑だから仲見世へ行っておもちゃの空気銃を買って来て背負ってあるくがよかろう。愛嬌があっていい。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「君、君、今日は井口君がげている。彼処最早ソロ/\小競合の始まる時分だ。何しろ中川夫人が軍師についているからね」
髪の毛 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
先棒とのは、に一であった。駕籠地上におろされると同時に、した右手は、とばかりにはねげられた。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
卒然としてのみを読めば、王に理ありて帝に理なく、帝に無くして王に情あるが如く、祖霊も民意も、帝を去り王に就くきを覚ゆ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ありますとも、其処が臨機応変、仏教のいわゆる、「」に適する方法に於いて原則を実地に応用しなければなりません。
慈悲 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
随って手洗いが一番群集するので、喜兵衛は思附いて浅草の観音を初め深川の不動や神田の明神や柳島の妙見や
自己が自己に自然な因果を発展させながら、その因果の重みを脊中って、高い絶壁の端まで押し出された様な心持であった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
お島は夜を待つまもなく、小僧の順吉に脊負いださせた蒲団に替えた、ばかりの金のうちから、いくらか取出してそれを渡した。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「あのおッ師匠さん、もっと大きな声でおっしゃってくださいましよ、私しゃ至って横丁の源兵衛さんのほうで……」
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
と冷やかし笑いをして見せたら、試験官の奴、っぱいをして睨み付けたと思うと、プリプリして出て行きおった。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「里のあけのほだされやすくたれにひとのって、そのかりいので、へっへ、ぶつりとね、へえ、雷門の糸が——どうも嫌な顔をしましてな」
助五郎余罪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
幸子がげているのを見ると、そんなに悲観なさらないでもよい、丹生夫人は、私は今後もお世話するつもりでおりますなどと云ってくれたが、なお余談として例の眼の縁が話題に出
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
すべて汝らのに属するものことごとく来たってわが呪いに名をせよ。わしは今わしの魂魄永劫に汝らの手に渡すぞ。おゝ清盛よ。奈落の底で待っているぞ。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
器を以て養うに朱砂を以てすれば体ことごとく赤し、食うところ七斤に満ちて、始めくこと万にして女の支体に点ずれば、終年滅せず、ただ房室の事あればすなわち滅す(宮女を守る)。
ややもすれば喧嘩口論をしてめくによって、その父、なにとぞしてこれらが仲を一味させたいといろいろめども、うずるようもなかったが、あるとき児ども一処に集まりいたとき
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
っぱい涙が、口の中へ流れ込んだ。
白髪鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
三丰て武当の巌壑び、異日必ずらんといいしもの、実となってこゝに現じたる也。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一日東角門に坐して、侍読太常卿黄子澄というものに、諸王驕慢の状を告げ、叔父各大封重兵を擁し、叔父の尊きをみて傲然として予に臨む、行末の事も如何あるべきや、これに処し
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「ヘイ、もうヶ処やって見て、そうして帰りましょう。」
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
仕様んねえ、畜生だな」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
よ、庶よ。つつがないか。わが身も無事ではいるが、弟の康は亡くなってしもうたし、孤独の侘しさといってはない。そこへまた、曹丞相の命で、わが身は許都へさし立てられた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「んだって、こうでもしなかったら、浅川の直るかな」と笑った。「それに、彼奴等からはモットひどいめに合わされてるから、これで当り前だべよ!」
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
悄乎げて指をむ。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
石も、折箱撥飛ばして、笊を開けた。「御免よ。」「御免なさいよ。」と、雀の方より、こっちが顔を見合わせて、悄気げつつ座敷へ引込んだ。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
道太は少しげていたが、お絹がこの間花に勝っただけおごると言うので、やがて四人づれで、このごろ披露の手拭をつけられた山の裾の新らしい貸席へ飯を食べに行った。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
わしは又云う。自力往生というのは念仏の他の雑行をもって願いをたてるというからそこで自力といわれるのである。従って善導のには上尽百年下至一日七日一心専念弥陀名号
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
私はごしに、だんだんげたようになって私の言葉を聞いていらっしゃる頭の君を見透しながら、更らにすげなく言い続けていた。……
ほととぎす (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
これは他山がいまだ仕途にかなかった時、元秀がその貧を知って、を受けずしてに治療した時からのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
日に焼けたるパナマ帽子、背広の服、落着のある人体なり。風呂敷包をい、脚絆草鞋穿づくりの洋傘をついて、鐘楼の下に出づ。打仰ぎ鐘を眺め
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
また大学にては法科の講筵をよそにして、歴史文学に心を寄せ、ようやくむ境にりぬ。
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
手前じをりまするは是限り。内祝言乳母承知何事にまれ、不埓御檢斷ばれうならば、餘命幾何もなき老骨如何御嚴刑にもせられませう。
っぱい——な)
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
か我がかしめしぞ
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)