海異記かいいき
砂山を細く開いた、両方の裾が向いあって、あたかも二頭の恐しき獣の踞ったような、もうちっとで荒海へ出ようとする、路の傍に、崖に添うて、一軒漁師の小家がある。 崖はそもそも波というものの世を打ちはじめた昔から、がッきと鉄の楯を支いて、幾億尋とも …
作品に特徴的な語句
じッ でえ うら おめえ ねん 嬰児ちのみ ぶッ 此家こん ひっそ すだ うっ 入交いれか きさま 片端かたはじ てめえ いい じき うわ こた しき かわり おんば かたえ くね 退すさ 不可いけね わなな 蒼海わたつみ おら 鼻垂はなったら とこ 御坊おぼう さま じょう 活計なりわい いだ 正中ただなか あが あやぶ かぶり 暗中くらやみ ねむ またたき ことば から 恐怖こわ あまり 太陽てんとう おおき はた 兄哥あにや 縁端えんはし 背向そがい つめた きれ つけ あかる むき 暗礁かくれいわ かげ ひっ もれ はり なり 嬰児あかんぼ 悄乎しょ 姉様あねさん やっこ 夜半よわ かたま たか 難有ありがて かず つむり えみ ねらい 顔色かおつき あぜ すく すなど くれない わき 万代よろずよ あが いさま ゆわ 突貫つきぬ ひとり 御膳おぜん ざま じじい わっぱ