淡島椿岳あわしまちんがく――過渡期の文化が産出した画界のハイブリッド――――かときのぶんかがさんしゅつしたがかいのハイブリッド――
震火で灰となった記念物の中に史蹟というのは仰山だが、焼けてしまって惜まれる小さな遺跡や建物がある。淡島寒月の向島の旧庵の如きその一つである。今ではその跡にバラック住いをして旧廬の再興を志ざしているが、 …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 神田かんだ 気儘きまま ざか 斡旋とりもち 大喝だいかつ 苗字みょうじ 神楽坂かぐらざか 八百屋やおや 緑青ろくしょう 脂下やにさが 蔵前くらまえ 煩瑣はんさ 毀誉褒貶きよほうへん 肝煎きもいり 張子はりこ 芥子けし 向島むこうじま 苔蒸こけむ 麒麟きりん 口吟くちずさ 瓦解がかい 白無垢しろむく 賞翫しょうがん 手頼たより 狩野かのう 紙入かみいれ 花卉かき 見世物みせもの 群青ぐんじょう 光琳こうりん 破目はめ 蹴鞠けまり 妙齢としごろ 下町したまち 木目もくめ 謬見びゅうけん 墨染すみぞめ 西鶴さいかく 頓挫とんざ 起臥きが 栄耀えよう 涅槃ねはん 飄々ひょうひょう 分捕ぶんど 気紛きまぐ 番町ばんちょう 魚河岸うおがし 珍重ちんちょう 大伽藍だいがらん 都々逸どどいつ 鳳凰ほうおう 淫蕩いんとう 風丰ふうぼう 性分しょうぶん 入道にゅうどう 家柄いえがら 顰蹙ひんしゅく 馬喰町ばくろちょう 金屏風きんびょうぶ たん 手代てだい 烏有うゆう 乾物かんぶつ 仮寓かぐう 前栽せんざい 川越かわごえ いしずえ ゆう 規矩きく 旗下はたもと 意地いじ 深川ふかがわ 取毀とりこぼ 大浪おおなみ 小汚こぎた 店前みせさき 文晁ぶんちょう 隠棲いんせい 雨漏あまもり とら 粉本ふんぽん とみ 古物ふるもの 洒脱しゃだつ 白金しろかね 精々せいぜい 手近てぢか 痘痕いも 囲繞とりま 御手洗みたらし 新富町しんとみちょう 羽目板はめいた 雪舟せっしゅう 横溢おういつ 常套じょうとう 似而非えせ