淡島椿岳あわしまちんがく――過渡期の文化が産出した画界のハイブリッド――――かときのぶんかがさんしゅつしたがかいのハイブリッド――
震火で灰となった記念物の中に史蹟というのは仰山だが、焼けてしまって惜まれる小さな遺跡や建物がある。淡島寒月の向島の旧庵の如きその一つである。今ではその跡にバラック住いをして旧廬の再興を志ざしているが、再興されても先代の椿岳の手沢の存する梵雲 …
作品に特徴的な語句
わずらわ 暴露ぶちま おろ わか きょ がか とっ さが あた かたわ しょ ぱり おの じん とおり 邂逅でっくわ 必定てっきり わずら かりそめ つかまつり こう さも あまん 便宜びんぎ 木兎ずく せん いり まじな うやう まる つもり あなが なら かげ いさぎよ おり いっ さだ すえ はた 探幽たんにゅう きく たたり なぞら はず ゆう 放浪うろつ 散三さんざん ちな したし 斡旋とりもち 厳乎しかつべ 白金しろかね 痘痕いも かろ すさ やっ 佇立たちどま よっ たず 栄耀えよう 歿ぼっ ほと こぼ 囲繞とりま かた ざか おしえ 玄孫やしゃご つか 袖搦そでがらみ 袖形そでがた 壁張かべばり なぐ そと わか 交際つきあい おおい わざわ ぞろ 天禀うまれつき 虎子おかわ 交誼よしみ くだ