挿話そうわ
道太が甥の辰之助と、兄の留守宅を出たのは、ちょうどその日の昼少し過ぎであった。彼は兄の病臥している山の事務所を引き揚げて、その時K市のステーションへ著いたばかりであったが、旅行先から急電によって、兄の見舞いに来たので、ほんの一二枚の著替えし …
作品に特徴的な語句
せん ちいさ なか うわ かゝ はに けち かた 姿態なり すずみ おも よっ 往復ゆきかえ まか 饒舌しゃべり 御母おかあ 鼻頭はながしら 牛皮ぎゅうひ なめ 深谷ふかだに しょ 末期まっき かか かか 手前てまえ はば いじ うだ 岐路わかれみち もり あね 大切おおぎり すぐ りき しみ あぶ 著替きが かわ ぴろ 蒸鮑むしあわび はびこ ちょう 布置たたずまい おれ 月並げっぺい 山嵐やまあらし 築地ついじ 破滅はめ 簾戸すだれど 砕片かけ 寒晒かんざらし 魁車かいしゃ 紛糾いざこざ 零落おちぶ わか 看護かんご 化粧つくり よご たぎ 姿振なりふり あか 成行なりゆ とも ふう 濫費むだづかい 拘泥こだわ そばだ 夭折わかじに むご おんな 二梃ちょう やわ 姿なり まか あね すく 縄簾なわすだれ 粗匆そそう 縞目しまめ 縹緻きりょう 骨董こっとう 絃歌げんか