“訣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わけ64.9%
わか28.1%
ワカ2.7%
ワケ2.2%
わかれ1.1%
けつ0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには単に時間の上から云つても、一週五日間、午前八時から午後三時まで機械の如く学校に出頭してゐるに行くものではない。
入社の辞 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
巴里の北の停車場でおまえとれてから、もう六年目になる。人は久しい歳月という。だが、私には永いのだか短いのだからない。
巴里のむす子へ (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
御経は手写しても、より意趣は、よくらなかつた。だが、処々には、かつ/″\気持ちの汲みとれる所があつたのであらう。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
。遠慮はやめやめ。氏上づきあひぢやもの。ほい又出た。おれはまだ、藤原の氏上に任ぜられたぢやあ、なかつたつけの。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
楽しい新家庭にをつげて、春日と渡邊が事務所へかえったのは、がついてからであった。渡邊は漸く笑ましげに
誘拐者 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
かれは精神の奴隷となり、認識で乱作をおこない、まくべき種子をひいてつぶし、秘を放棄し、才能に容疑をかけ、芸術を裏切った。
ついに決断して青森行きの船出づるに投じ、突然此地を後になしぬ。げなばげ多からむをり、ただわずかに一書を友人にせるのみ。
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)