舞姫まいひめ
石炭をばはや積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静かにて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒なり。今宵は夜ごとにここに集い来る骨牌仲間も「ホテル」に宿りて、舟に残れるは余一人のみなれば。五年前の事なりしが、平生の望み足りて、洋行の官命をこうむり、 …
作品に特徴的な語句
おみな 手巾しゅきん とぶ 生活なりわい おり そこい つば すぐ はふり あだ うべ ぎょ さや キュー こうじ 珈琲カッフェー まみ そびら こう きょう かん いだ のたも 昨夜よべ うつ おこな ひんがし 襦袢はだぎ 慇懃いんざん つまびら 平生ひごろ 欷歔ききょ はじ こた ばく 午餐ひるげ おも くら こしかけ たかどの びと つい はじめ つち わたどの 尋常よのつね あやつ 微紅うすくれない さが ぬか こと もと 襟飾えりかざ ばん ただ 温習おんしゅう 戸前こぜん 房奴ぼうど おお かか ゆび しょう きび 色沢しきたく しっ 商人あきうど つくえ 一群ひとむ ふせ 一盞ひとつき 千行ちすじ 陶瓶とうへい 面色めんしょく 真白ましろ むね 麻布あさぬの 彫鏤ちょうる さら ひさし
題名が同じ作品
舞姫 (新字旧仮名)石橋忍月 (著)
舞姫 (新字旧仮名)森鴎外 (著)
舞姫 (新字旧仮名)与謝野晶子 (著)
舞姫 (新字旧仮名)永井荷風 (著)
舞姫 (旧字旧仮名)森鴎外 (著)