舞姫まいひめ
鴎外漁史の「舞姫」が国民之友新年附録中に就て第一の傑作たるは世人の許す所なり。之が賛評をなしたるもの少しとせず。然れども未だ其瑕瑾を発きたるものは之れ無きが如し。予は二三不審の廉を挙げて著者其人に質問 …
題名が同じ作品
舞姫 (新字旧仮名)森鴎外 (著)
舞姫 (新字旧仮名)永井荷風 (著)
舞姫 (新字旧仮名)与謝野晶子 (著)
舞姫 (旧字旧仮名)森鴎外 (著)