舞姫まいひめ
鴎外漁史の「舞姫」が国民之友新年附録中に就て第一の傑作たるは世人の許す所なり。之が賛評をなしたるもの少しとせず。然れども未だ其瑕瑾を発きたるものは之れ無きが如し。予は二三不審の廉を挙げて著者其人に質問 …
作品に特徴的な語句
汚穢をわい 時代ペリヲデー おもん 玩弄ぐわんらう かたちづ 性情ゼーレ おそら こゞ 重宝ぢゆうはう かゝは かく あひ 意思ガイスト おほむ 生立おひたち いは つひ 虚妄きよばう あた 所以ゆゑん 所謂いはゆる そもそ 撞着どうちやく ゆゑ あば がう いは ほと 幾干いくばく いへど すゞめ すなは たゞ 嗚呼あゝ けだ 艸紙ざうし つい これ 瑕瑾かきん すこぶ あら はと したが 陪賓ばいひん 苛刻かこく とり 稀有けう ことわざ いまし しか 粗忽そこつ かく 覇権はけん すべ 如何いか ごと 合歓ねむ 可憐かれん なか 凛烈りんれつ その 寒威かんゐ 何人なんぴと 些細ささい 云々うんぬん これ しか 無辜むこ この 欝勃うつぼつ いま 独乙ドイツ おい 懺悔ざんげ かど 并行へいかう おの むし
題名が同じ作品
舞姫 (新字旧仮名)森鴎外 (著)
舞姫 (新字旧仮名)与謝野晶子 (著)
舞姫 (新字旧仮名)永井荷風 (著)
舞姫 (旧字旧仮名)森鴎外 (著)