“意思”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いし50.0%
おもい12.5%
こころ12.5%
インテンション12.5%
ガイスト12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗助派出好が、其後んな徑路つて、發展したかを、氣味運命意思一端として、主人いてた。主人卒然
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
にものべたり、こちらの世界りつけの現界とはり、場所も、家屋も、姿も、意思のままにどのようにもかえられる。
おれの手も眼も、もはや意思どおりにはならなくなっていた。おれはまるで他人のように自分自身を眺め、そして結果がどうなろうとも、自分の行動に盲従する外はなかった。
ピストルの蠱惑 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
じっさい、一足分密着して揃えてある他のひとつが、何らの災難をこうむっていないことだけでも、この水が人の意思の実現化した結果であることがわかろうというものだ。
曰く性情の動作にして意思——考察と共に詩術の要素をくるもの即ちなり。し著者は詩境と人境との区別あるを知つて、之を実行するに当ツては終に区別あるを忘れたる者なり。
舞姫 (新字旧仮名) / 石橋忍月(著)