“合歓”のいろいろな読み方と例文
旧字:合歡
読み方割合
ねむ90.7%
かふか3.7%
がふくわん1.9%
ごうかん1.9%
ねぶ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に後妻を勧めるものがあって、城下から六七里離れた、合歓の浜——と言う、……いい名ですが、土地では、眠そうな目をしたり
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
葉ごもりと合歓のうれの秋霧に尾長はらしその飛ぶ一羽
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
或はシヱレイの合歓未だ久しからざるに妻は去つて自ら殺し、郎もた天命を全うせざりしが如き。
厭世詩家と女性 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
蕃社は北の方の合歓山から延びた稜線と、南の方水社大山から東北に延びた稜線とが相合うところに、ひとりでに出来あがった高台の上に在る。高さは海抜四千二十九尺。
霧の蕃社 (新字新仮名) / 中村地平(著)