偏奇館吟草へんきかんぎんそう
De la musique avant toute chose —— Paul Verlaine. 詩は何よりも先音楽的ならむことを。ポール、ヴヱルレーヌ 嗤ふなかれ怪しむなかれ。 この集をひらきみる人。 この集に載せたる詩篇。 思出の言葉 …
作品に特徴的な語句
真実まごころ ねがは をのの 一層ひとしほ うへ まづ ゑば おごそか 合歓ねぶ 情緒こゝろ ししむら 静寂しづけさ まさ なれ とゞこほ 紅葉こうえふ 一葉いちえふ 円朝ゑんてう なげ 墓詣はかまうで こゑ ぶん 牢屋ひとや 理想おもひ 男女なんによ 落花らつくわ 不浄ふじやう 二十はた やぶさか 墳墓おくつき 夜半よは 宵闇よひやみ たくみ には さとり 手向たむけ 拷問がうもん 接吻くちづけ たゝ 暮春ぼしゆん 果敢はかな しひ つばくろ おほかみ 白衣びやくえ 目容まなざし ぶえ せい 糾弾きうだん 絶望ぜつばう 緑雨りよくう ごみ 薬師くすし こほろぎ ごと 詩人うたびと 調しらべ 雨蛙あまがへる 倦怠けんたい ふゆ 去年こぞ くち 呼吸いき いのち ついば わら 団菊だんきく 堀割ほりわり ねぐら なつ かな 審判さばき 小春こはる 小禽ことり やま 形骸けいがい 御手みて なさけ 惜春せきしゆん 故里ふるさと 散歩さんぽ 旧調きうてう くら 桜癡あうち とち うた よろこ 武器ぶき なが 海月くらげ