“小春”の読み方と例文
読み方割合
こはる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
静かにさす午後の日に白くって小虫が飛ぶ。蜘糸の断片が日光の道を見せてめく。甲州の山は小春にうっとりとんで居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
裂けば蜜柑の味はしらず、色こそ暖かい。小春の色は黄である。点々とる杉の葉影に、ゆたかなる南海の風は通う。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
小春日和をよろこび法華経寺へお参りした人たちが柳橋を目あてに、右手に近く見える村の方へと帰って行くのであろう。
葛飾土産 (新字新仮名) / 永井荷風(著)