“冬木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふゆき50.0%
とうぼく25.0%
ふゆぎ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“冬木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
宮川みやがわの鰻もきょうは混雑しているであろうから、冬木ふゆきの蕎麦にしようと、誘われるままにゆくと、わたしは冬木弁天の境内に連れ込まれた。
やがてり、ちぬ。冬木ふゆきやまに、
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
冬木とうぼくが縁の日向に坐って、懐手でぼんやりしているところへ、俳友の冬亭とうていがビールと葱をさげてきて、今日はツル鍋をやりますといった。
西林図 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「これから渡しを渡って、冬木ふゆぎ米市こめいちで名代のそばを御馳走ごちそうしてやるかな。」
秘密 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)