“冬木立”の読み方と例文
読み方割合
ふゆこだち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その暗灰色の樹の肌や、丈高く細長い伸びようをしている幹の姿態を見ると、なにかの動物にでも接しているような親しみが湧く。いぬしでの冬木立はよかった。
犬の生活 (新字新仮名) / 小山清(著)
彼は普通の服装をしてぶらりと表へ出た。なるべく新年の空気の通わない方へ足を向けた。冬木立と荒た藁葺屋根と細い、そんなものが盆槍した彼の眼にった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
……別れの冬木立
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)