“杉木立”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すぎこだち66.7%
すぎこだ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“杉木立”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
帰宅したのが六時過ぎ。正面まともに見てまぶしくない大きな黄銅色しんちゅういろ日輪にちりんが、今しも橋場はしば杉木立すぎこだちに沈みかけた所である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
湯前神社の杉木立すぎこだちの暗を、ななめに縫って馳けだしました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「月」は毎句にあり、「ガラス戸」が六、「鳥かごの屋根」と「森」と「ランプ」が各二あるが、そのほかにもいろいろの景物が点綴てんてつされ、ほととぎすや白雲や汽車やブリキや紙や杉木立すぎこだちやそういうものの実感が少しずつ印象され、また動作や感覚の上でもだいぶ変化が見えている。
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)