“彼岸花”の読み方と例文
読み方割合
ひがんばな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤園池辺氏が丹波に遊んで大江山あたりを歩いたとき、九州辺で彼岸花というものを、土地の人に聞けばきつねばなと答えたといって
稲田や畑のあいだを縫いながら、雨後のぬかるみを右へ幾曲がりして登ってゆくと、その間には紅い彼岸花がおびただしく咲いていた。墓は思うにもまして哀れなものであった。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)