“丹波”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たんば87.5%
たんばの4.2%
たには2.1%
には2.1%
にわ2.1%
ニナミ2.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“丹波”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸25.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]8.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
平家の敗色が明瞭になると、丹波たんば辺りでも、吉野でも、いちど平定した畿内の反平家分子も、また一斉に、騒ぎ出した。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
千枝子はときどき立ち停って、まだ雪をかぶっている丹波たんばから摂津へかけて延びている山山の峰を見渡しながら、
比叡 (新字新仮名) / 横光利一(著)
しかる間、鬼界きかいが島の流人るにん丹波たんばの成経、たいらの康頼を赦免しゃめんす。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
宗清が馬上から呼ぶと、供の中から丹波たんばの藤三国弘という小侍が、
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
息長おきなが水依みづより比賣に娶ひて、生みませる子、丹波たには比古多多須美知能宇斯ひこたたすみちのうしの王、次に水穗みづほ眞若まわかの王
この王、丹波たには遠津とほつの臣が女、名は高材たかき比賣に娶ひて、生みませる子、息長おきながの宿禰の王、この王、葛城かづらき高額たかぬか比賣に娶ひて
「いけないよ。お前の為に、名誉も財産も、体面も自尊心も失ってしまった男が、最後の怨みを言う為に此機会を作ったんだ。男から、男へ、庭石を踏むように渡って歩くお前でも、丹波にわ高一のこの落ちぶれ果てた姿を見たら、少しは何んとか思うだろう」
踊る美人像 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「ひゝらぎの八尋桙ね底つかぬ国。をとめのマヨひきの国。たまくしげ輝く国。こもまくらあるタク新羅の国を、丹波ニナミけ給ひマツロへ給はむ。」とかうした文句でヲシへて