“丹波国”の読み方と例文
読み方割合
たんばのくに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左大臣藤原道世と言えば、天子様の第一番の家来で、丹波国田舎までも聞えている、名高い人でありました。
三人兄弟 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
慶長五年七月赤松殿石田三成荷担いたされ、丹波国なる小野木縫殿介とともに丹後国田辺城を攻められ候。
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
きっとこれは丹波国んでいるいない。一つこの人をたずねて相談をしてみよう。
しっぺい太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)