“丹後国”の読み方と例文
読み方割合
たんごのくに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
慶長五年七月赤松殿石田三成荷担いたされ、丹波国なる小野木縫殿介とともに丹後国田辺城を攻められ候。
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
先年、丹後国中郡三重村谷内、本城某は幼少のとき、かたつむりを多く捕らえて食せし由なるが、あるとき過って左手の人さし指を傷つけ、ついにそのぬけてしまった。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
加藤安太夫が介錯した。本庄は丹後国の者で、流浪していたのを三斎公の部屋附き本庄久右衛門が召使っていた。仲津で狼藉者を取り押さえて、五人扶持十五石の切米取りにせられた。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)