阿部一族あべいちぞく
従四位下左近衛少将兼越中守細川忠利は、寛永十八年辛巳の春、よそよりは早く咲く領地肥後国の花を見すてて、五十四万石の大名の晴れ晴れしい行列に前後を囲ませ、南より北へ歩みを運ぶ春とともに、江戸を志して参勤 …
作品に特徴的な語句
不便ふびん 手桶ておけ 美濃みの 浅葱あさぎ 燭台しょくだい 采配さいはい 枝折戸しおりど とぎ 寵愛ちょうあい やり 掻巻かいまき すぎ 目貫めぬき 成行なりゆ 瑕瑾かきん 嫡子ちゃくし 三途さんず 討死うちじに 初陣ういじん 狼藉者ろうぜきもの 落人おちうど 一揆いっき 剃髪ていはつ 愛宕山あたごさん 末期まつご すえ 隅々すみずみ 先手さきて 栄耀えよう ほたる 天草あまくさ 逆手さかて 面当つらあ のき そむ 偵察ていさつ 法会ほうえ 下人げにん 床板とこいた 怏々おうおう 等閑なおざり 捕捉ほそく 有明ありあけ 自若じじゃく 遺骸いがい 世故せいこ 籠城ろうじょう 徒士かち 一声ひとこえ 亡者もうじゃ 手短てみじか 黒羽二重くろはぶたえ 近習きんじゅ 流浪るろう 一家いっけ 介錯かいしゃく 後裔こうえい 歯朶しだ 猩々緋しょうじょうひ 初七日しょなぬか 御沙汰ごさた 名聞みょうもん 極印ごくいん 番頭ばんがしら 小笠原おがさわら 近眼ちかめ 菩提所ぼだいしょ 勤行ごんぎょう 下向げこう 由縁ゆかり 立籠たてこも 手配てくば 提燈ちょうちん 老若ろうにゃく 鷹狩たかがり 高野山こうやさん ほう 但馬守たじまのかみ 先登せんとう 刑部ぎょうぶ 忌日きにち 草履取ぞうりとり 訃音ふいん ちゅう 下々しもじも 卑怯者ひきょうもの 小頭こがしら 払暁ふつぎょう 究竟くっきょう せん 太股ふともも 安座あんざ 宗像むなかた 泰平たいへい 被官ひかん 長船おさふね 障礙しょうがい 大兵だいひょう 茶漬ちゃづけ 一通かずみち