“馬廻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うままわ46.2%
うままわり38.5%
うままは7.7%
うまゝわり7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の家は黒田藩のお馬廻うままわり五百石の家柄で、お父様は御養子でしたが、昔気質かたぎの頑固一徹とよく物の本やお話にあります。
押絵の奇蹟 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
且つ、「格別の御詮議を以て御納戸組おなんどぐみ馬廻うままわり格に加入仰付られ候事」というので無上の面目を施して退出した。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
馬廻うままはりに美男びなんきこえはれど、つき雲井くもゐちり六三ろくさなんとして此戀このこひなりたちけん、ゆめばかりなるちぎ兄君あにぎみにかヽりて、遠乘とほのり歸路かへりみち野末のずゑ茶店ちやてんをんなはらひて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
孝「元は小出様の御家来にて、お馬廻うまゝわりの役を勤め、食禄しょくろく百五十石を頂戴致して居りました黒川孝藏と申しました」